【ダカール16】三橋淳選手、45歳の再挑戦「バイクでの参戦は冒険」

987506.jpg

「この歳でのバイクによる参戦は、本当にチャレンジであり、アホであり、
バカな冒険だと自分でも思います。しかし、バカやアホはやってなんぼ! 
トコトンこの路線で進んでいきます。ダカールまで残りあと1か月。このまま突っ走ります」

そう言うのはダカールラリー(アルゼンチン、ボリビア)に、
45歳にして13年ぶりにバイクで参戦する三橋淳選手。
12月2日、壮行会が都内でおこなわれた。

レースは2週間をかけて、約9000kmにわたる砂漠や砂丘、土漠、荒野などの
オフロードを走り続けタイムを競う。
完走率が半分以下の年もあることから「世界一過酷なラリー」と言われる。

このラリーで三橋選手は、4輪で5回の市販クラス制覇を果たすなど輝かしい成績を収めてきたが、
前回大会でチームを去った。

【ダカール16】三橋淳選手、45歳の再挑戦「バイクでの参戦は冒険」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。