音や熱など五感に訴えるメッセージが発信できた…映文連アワード受賞 カワサキ Ninja H2 動画

985099.jpg

大きな反響を呼び、「映文連アワード2015」において、
経済産業大臣賞を受賞した『カワサキ Ninja H2』のティザー動画。

制作したのは川崎重工業のグローバル・コミュニケーション領域の業務を担当している
キャップスアソシエーションと、自動車関連の映像制作会社ディーヴァだ。

キャップスアソシエーションのクリエイティブディレクターの
成田裕一郎氏によると、今回の映像は、3つの効果を狙ったという。

ティザープロモーション開始時に強いインパクトを与える。
2か月の間、ファンを惹きつけ続ける。
モデル発表時に購入意欲を最大化する。
という3つだ。

音や熱など五感に訴えるメッセージが発信できた…映文連アワード受賞 カワサキ Ninja H2 動画
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。