“キング”の名にかけ新開発 スズキ GSX-R1000…MotoGP直系の電子デバイスも【ミラノショー15】

980686.jpg

イタリア・ミラノショーで世界初公開される2017年型スズキ GSX-R1000プロトタイプだが、
現地からの速報が入る一足先にその全貌を掴んだ。

まずエンジン、フレーム、足まわり、すべてを新開発した完全ニューモデルであり、
MotoGPレーサーのテクノロジーが惜しみなく注ぎ込まれている。

999ccDOHC4バルブ水冷インライン4エンジンには、
「Suzuki Racing VVT」と呼ばれる可変バルブタイミング機構が組み込まれ、
低中速域での出力を犠牲にすることなく高回転域での出力を高めることに成功。

ライドバイワイヤによる電子スロットルをはじめ、S-DMS(スズキ・ドライブモードセレクター)、
10段階のトラクションコントロール、クイックシフター、
ローンチコントロールといった最新の電子制御機能を満載にしているのも特徴だ。

【ミラノショー15】“キング”の名にかけ新開発 スズキ GSX-R1000…MotoGP直系の電子デバイスも
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。