【ミラノショー15】普通2輪免許で乗れる BMW モトラッド が登場…「G310R」世界初公開

978738.jpg

これまで大型2輪免許がなければ乗ることが許されなかったBMW モトラッド に、
普通2輪免許でも乗れるモデルがついに登場する。

11月19日から22日までイタリアにて開幕する世界最大の二輪車展示会ミラノショー(EICMA)にて、
BMW モトラッドは『G310R』という排気量313ccのライトウェイトスポーツを発表するというのだ。

新開発されたボア×ストローク80×62mmの水冷4ストDOHC4バルブ単気筒エンジンは、
最高出力34HP/9500rpm、最大トルク28Nm/7500rpmを発揮。

よく見るとエキパイがエンジン後方から伸びており、
前方吸気・後方排気のレイアウトが導入されていることがわかる。

車重はわずかに158.5kg。スチールチューブラーフレームを骨格とした軽量かつコンパクトな車体には、
フロント110/70R17、リア150/60R17の足まわりがセットされ、
インナーチューブ径41mmの倒立式フロントフォークや
アルミスイングアームによる軽快な走りが容易く想像できる。

【ミラノショー15】普通2輪免許で乗れる BMW モトラッド が登場…「G310R」世界初公開
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。