水冷エンジンはオプション、空冷Vツインを将来も続ける…ハーレーダビッドソン上席副社長が明言

_85A1103.jpg

1903年、米国ウィスコンシン州ミルウォーキーで生まれたハーレーダビッドソン。
シニアバイスプレジデントとしてH-D社の上層部に就くビル・ダビッドソン氏は、
創業者のひとりであるダビッドソン家の末裔。
今回、ハーレーの将来について話を聞くことが出来た。

まず、ハーレーのビッグツインエンジンでも一部で空水冷化が始まり、
ライバル勢でも水冷化エンジンの開発に拍車がかかっているが、
いずれハーレーも水冷エンジンが主流になるのか、聞いた。

「水冷エンジンはあくまでもオプションでしかありません。
我々の伝統である空冷Vツインエンジンがメインであることはこれから先も変わりませんし、
我々の空冷Vツインエンジンは、将来的にも素晴らしいものだと信じています」
(ビル・ダビッドソン氏)

水冷エンジンはオプション、空冷Vツインを将来も続ける…ハーレーダビッドソン上席副社長が明言
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。