【東京モーターショー15】最初の土曜日は8万5000人が来場…狙いはアフター4入場券

971089.jpg

世界11ヶ国から合計160社が参加し、
国内全ての乗用車・商用車・二輪車メーカー14社15ブランド、
海外メーカー16社26ブランド(乗用車・商用車・二輪車)が出展している「第44回 東京モーターショー2015」。

2日間の報道関係者招待日(プレスデー)を経て、10月30日から一般公開がスタート。
江東区・有明の東京ビッグサイトにて11月8日までおこなわれる。

どのブースも盛況で、前回第43回(2013年)の総入場者数を超えるかどうかが注目だ。
幕張メッセから東京ビッグサイトに会場を移してからは、
2011年に84万2600人、2013年には6万人ほど入場者数を増やし、90万2800人としている。

【東京モーターショー15】最初の土曜日は8万5000人が来場…狙いはアフター4入場券
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。