【東京モーターショー15】オフロードの走りにこだわり…ホンダ アフリカツイン 新型

968486.jpg

昨秋のEICMA イタリア・ミラノショー(国際モーターサイクルショー)で初公開され、
瞬く間に世界中のバイクファンの間で注目の的となった『CRF1000L Africa Twin』が、
東京モーターショー15のホンダブースで本邦初公開されている。

「広大な大地を走り抜け、様々な場所に行くことを可能とする夢の実現」を開発コンセプトとし、
オフロードでの走行を可能としながら日常の使い勝手の良さも追求した大型アドベンチャーモデル。

新開発の1リットルエンジンは、
コンパクトな直列2気筒270度クランクによる抜群のトラクション性能を持ち、
軽量なセミダブルクレードルフレームの採用によって
オフロードでの優れた走行性能とオンロードでの軽快感と安定感を兼ね備えたハンドリングを実現。

【東京モーターショー15】オフロードの走りにこだわり…ホンダ アフリカツイン 新型



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。