【東京モーターショー15】小さくてもカワサキZ、名車の末弟を日本初公開…Z125 PRO

968526.jpg

Z1が1972年に登場して以来、Zの称号を持つマシンはカワサキの顔ともいえる重要機種だが、
東京モーターショー2015のカワサキブースでは、
その最小排気量モデル『Z125 PRO』が本邦初披露され、注目を浴びている。

新設計の空冷単気筒DOHC2バルブエンジンは、
鋭いスロットルレスポンスと全回転域でパワフルな出力特性。
4速トランスミッション&マニュアルクラッチを組み合わせ、スポーティな走りを実現した。

高張力鋼管バックボーンフレームを骨格とした車体には、
インナーチューブ径30mmの倒立式フロントフォークや、
フロント200/リア180mm径のペタルディスクブレーキなど、
ストリートライディングをアグレシッブなものにする本格装備を採用。
前後12インチのアルミ製キャストホイールが機敏なハンドリングをもたらす。

【東京モーターショー15】小さくてもカワサキZ、名車の末弟を日本初公開…Z125 PRO
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。