【東京モーターショー15】カワサキ、バランス型スーパーチャージドエンジン 出品

967151.jpg

カワサキブースでは、5年振りにモデルチェンジしたスーパースポーツモデル『Ninja ZX-10R ABS』が、
2016年モデルとして出品されている。

2015年、カワサキはスーパーバイク世界選手権で年間タイトルを獲得。
レースで得たノウハウをもとにエンジン、シャーシ、電子制御機能を改良し、
市販モデルにおいてもさらなるサーキット性能向上を果たした。

搭載される998cc並列4気筒エンジンは、クランクシャフトの慣性モーメントを低減することで、
コーナー立ち上がりの加速力向上とシャープなハンドリングを実現。
メインフレームは、ディメンションの見直しによりコーナリング性能を向上している。

【東京モーターショー15】カワサキ、バランス型スーパーチャージドエンジン 出品
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。