【ヤマハ YZF-R1M 試乗】サーキットビギナーでも臆することなし…青木タカオ

963349.jpg

MotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を体感でき、“サーキット最速のポテンシャルを備えるモデル”と、ヤマハが明言する『YZF-R1M』に乗った。

ヘッドライトの存在を感じさせないフロントマスクや水平基調のデザインはYZR-M1にそっくり。
しかも今回乗ったのは上級仕様車の「M」だから、
オーリンズの電子制御サスペンションやカーボン素材の軽量カウル、
レースで役立つ各種情報を記録するインターフェイスを搭載。
レーシングマシンそのものといった印象だ。

【ヤマハ YZF-R1M 試乗】サーキットビギナーでも臆することなし…青木タカオ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。