フロントフォーク、いまは過渡期…ショーワ開発担当

954662.jpg

年々進化していくバイクのフロントフォーク。
「いまは過渡期かもしれないですね」
そう教えてくれたのは、株式会社ショーワ開発本部で二輪サスを担当する梶野 勉さんだ。

SHOWAの二輪車用最新式フロントフォーク「SFF(Separate Function front Fork)」は、
一方に分離加圧ダンパーを備え、もう一方にスプリング機構を持たせ、
機能を分担させることにより高い性能を発揮させることができる構造になっている。


フロントフォーク、いまは過渡期…ショーワ開発担当
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。