片岡義男とオートバイの夏特別座談-僕らの「幸せは赤い背表紙」後編

zadan_2.jpg

河野 原田貴和子も知世も、両方ともファンなんだね。

GAO 80年代の角川映画を代表する女優だよなぁ。

河野 映画化された作品のなかで異色なのは「ボビーに首ったけ」で、
唯一のアニメーション。80年代の空気感があったよね。

GAO ご存知の通り、ラストシーンは衝撃的で、主人公が死んでしまう。
登場人物が亡くなるっていう話はけっこう多いんだ。

青木 そう。バイク経験がまだ浅い頃に片岡小説にハマッたから、
僕はオートバイに乗っていくうちに、この先、友だちの誰かが、
あるいは自分が死んだりしてしまうんだろうなって覚悟みたいなものを決めていました。
今もそういう部分は、自分の中に少しあります。

片岡義男とオートバイの夏特別座談-僕らの「幸せは赤い背表紙」後編

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。