片岡義男とオートバイの夏特別座談-僕らの「幸せは赤い背表紙」前編

zadan_1.jpg

前回の片岡義男特集(MOTO NAVI 2013年10月号)でも好評だった、ファンたちによる言いたい放題。

第2弾の今回は自他共に認める“片岡オタク”(!?)3人が集まって、好き勝手におしゃべりした。

今回集まった3人は片岡義男のオートバイ小説に強く影響され、
いまなおその世界観を日常の中の片隅にとどめる、言うならば〝片岡病〟に冒され続けるフリークたち。

しかし世代は3人とも異なり、GAOさんは1963年、河野さんが66年、そして青木が73年生まれとなる。

まずはどのようにして片岡義男の作品と出会ったか、それぞれに教えてもらうところからスタートした。

片岡義男とオートバイの夏特別座談-僕らの「幸せは赤い背表紙」前編
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。