【試乗記】ハーレーダビッドソン「FXSB ブレイクアウト」「XL1200X フォーティエイト」明かされた2016年モデル全貌

_DSC5294.jpg

ハーレーダビッドソンの2016年モデルが明らかになった。
注目はまず、ソフテイルファミリーに「ツインカム103B」エンジン(1689cc)が搭載されたことだ。
これまでの「ツインカム96B」(1584cc)より、
7キュービックインチ(105cc)ほど排気量が上乗せされ、モアパワーを獲得。

北米および欧州仕様などではすでに103化されていただけに、
日本のファンにとっては待望のグレードアップとなった。


【試乗記】ハーレーダビッドソン「FXSB ブレイクアウト」「XL1200X フォーティエイト」
明かされた2016年モデル全貌:青木タカオ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。