【スズキ RM-Z250 新型】エンジンは計80か所もの改良、フレームは完全新設計

935722.jpg

2016年モデルとしてフルモデルチェンジとなったスズキのモトクロス競技専用車『RM-Z250』。

税込み価格74万5200円で2015年9月に発売、ということ以外の詳しい情報は、
公式ホームページなどでもまだ明らかにされていないが、開発陣への取材から詳細が見えてきた。

まずエンジン。
二輪エンジン設計部の田中眞司氏によると、
「計80か所にも及ぶ改良が施されている」
とのことで、エンジン全体の耐久性向上とともにパワーバンドの拡大を実現している。


【スズキ RM-Z250 新型】エンジンは計80か所もの改良、フレームは完全新設計
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。