【ハーレー 2016年モデル】ソフテイル 全車にツインカム103B…待望の1689ccエンジン

934037.jpg

アメリカおよびヨーロッパ向けモデルでは、
排気量1689ccの「ツインカム103B」エンジンが日本より先行し搭載されていた『ソフテイル』ファミリー。

日本のファンは、ソフテイルファミリーにこのエンジンが積まれることを心待ちにしていたが、
2016年モデルでついにそれが実現される。

15年モデルまでのソフテイルモデルは、排気量1584ccの「ツインカム96B」を搭載。
105ccの差はハイスピードレンジで感じられるものだった。

【ハーレー 2016年モデル】ソフテイル 全車にツインカム103B…待望の1689ccエンジン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。