【ハーレー 2016年モデル】軍用からインスパイア、FLSS ソフテイルスリム S がデビュー

933987.jpg

発表されたばかりのハーレーダビッドソン2016年モデル。
注目は『Sシリーズ』とネーミングされた2台の上級仕様車だ。

そのうちの1台は『FLSS ソフテイルスリム』に設定され、
『FLSS SOFTAIL SLIM S』としてリリースされる。

なんとエンジンは、受注生産の特別仕様車『CVO』にしか
これまで搭載されてこなかったツインカム110B。
1801ccというハーレー最大の排気量を持つだけでなく、
レース部門からフィードバックされた「スクリーミンイーグル」の
チューニングパーツで組み上げられていて、
その高いポテンシャルは“最強エンジン”と言うに相応しい。

【ハーレー 2016年モデル】軍用からインスパイア、FLSS ソフテイルスリム S がデビュー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。