【ヤマハ イービーノ 発表】ガソリンと電動は適材適所で共存していく…EVは10km圏を想定

922137.jpg

原付1種扱いの電動スクーター『E-Vino(イービーノ)』を、8月20日に新発売するヤマハ。
今後、スクーターなど小型シティコミューターを筆頭に、
スポーツバイクも含め電動化がますます加速していくのだろうか?

また、同社では電動車のあり方をどう捉え、今後に向けてどのように考えているのか、
SPV事業マーケティング部商品企画Grの千賀善明氏が明らかにした。

【ヤマハ イービーノ 発表】ガソリンと電動は適材適所で共存していく…EVは10km圏を想定
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。