進化した電子制御マシン『BMW S1000RR』を詳細レポート

2_JAIA-354.jpg

1998年にヤマハ「YZF-R1」がデビューしたのをきっかけに過熱化した
「1000cc スーパースポーツクラス」。
長らくは日本の4メーカーが覇権争いを演じていたが、
2009年秋にBMW が「S1000RR」をこのカテゴリーに投入。

アルミ製ツインスパーフレームに並列4気筒エンジンを搭載するという
日本車勢のスタンダードをあえて踏襲しこのジャンルに割って入ると、
サーキットでも一般公道でも、このクラスが日本車勢だけのものでないことを証明してみせた。

2012年モデルでのフルモデルチェンジを経て、
2015年型ではついに第3世代へと進化。
電子制御のセミアクティブサスペンション『DDC』を装備したほか、
最高出力も199psにまで向上。日本仕様もヨーロッパと同じフルパワーを手に入れ、
戦闘力をいっそう高めている。

2_JAIA-392.jpg

そんな「S1000RR」。一般公道では、アクセルを全開することはまずできない。
なんたって1速でも100km/hを超えてしまう強烈なパワー。
8000〜12,000rpm付近がパワーの盛り上がるところで、
そのレンジを気持ちよく使えるのはサーキットということになるが、
その回転域より低いところを使ってノンビリと公道を流していても、
スポーツ性能の高さは充分に実感できる。


Autoblogにて試乗記をアップしました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【試乗記】進化した電子制御マシン『BMW S1000RR』を詳細レポート:青木タカオ


br_decobanner_20101102152703.gif




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント