勝浦MMPでKTM FREERIDE250RとHUSQVARNA TE250

2013122201.jpg

先日、勝浦MMPで行われたKTM JAPAN のメディア向け試乗会で乗って、
オフロードって面白いなーって、つくづく感じました。
KTM FREERIDE250Rです。

4スト350で昨年デビューしたFREERIDEですが、
2スト250も登場しました。

http://www.ktm-japan.co.jp/lineup/2014/250freeride

2013122202.jpg

エンジンは250EXCの水冷単気筒がベースですが、
キックスターターやパワーバルブを排除し、
クランクケースやクラッチカバー、ウォーターポンプシャフトを
新作として2kgの軽量化を実現。

シリンダーヘッドやピストンを専用に開発し、
φ28mmケイヒンPWKキャブや
新型の6速ミッションと組み合わせています。

勝浦MMPのなかを、トコトコ走るにはうってつけのバイクで
登ったり下ったり、モトクロッサーで走るときとはゼンゼン違う楽しさ。

2013122205.jpg

4ストのFREERIDE350よりも、ボクは好きです。
より軽くてエンジンのピックアップがイイ。
2ストだけどピーキーさはまったくありません。

FREERIDE って、レースのないジャンルなのに
本気度満点でつくってるのがスゴイと思います。

2013122204.jpg

そいでもって、ハスクバーナにも乗りました。
110年の伝統のある名門ですが、経営難から87年にカジバMVアグスタグループ、
2007年にBMWに買収され、さらにそのBMWが手放すことに。

どーなるハスク、存亡の危機! って感じでしたが
なんとKTMグループが買収。
というわけで、KTMジャパンが、ハスクのNEW MODELを披露したわけです。
250のエンデュランサーは4ストのFE250と2ストのTE250をラインナップ。

2013122203.jpg

勝浦MMPで乗って、気持ちが良いナーって感じたのは2ストのTE250の方でした。
自分でも意外でした。
2ストは1995 CR125Rを2台持ちしていたことがありますが、
最近はほとんどご無沙汰。

たまーに試乗会とかで2ストに乗っても、うぅーイマイチ乗れねーって感じですが
アウトドアを好き勝手に走る勝浦MMPだからか
TE250は気持ちよく走れました。
詳しくは月刊オートバイ2月号(12/27発売)にて。



br_decobanner_20101102152703.gif


図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。