Honda at EICMA 2013



Hondaは、11月7日(木)よりイタリア・ミラノ市で
開催されるEICMA2013(ミラノショー)に
出展する新型二輪車を発表しました。
主な出展車両は下記の通りです。




<新コンセプトクルーザー CTX1300>
Honda独自の「快適技術の体感」を開発コンセプトに掲げた新型クルーザーモデル「CTX700N」※と「CTX700」※、大型の「CTX1300」を欧州で投入します。

※ 日本では今年7月に発表

<CBR650F、CB650F>
新開発の直列4気筒エンジンを搭載した中排気量のエントリーモデルとして、レーシーなカウル付の「CBR650F」と、ネイキッドモデルの「CB650F」を発表します。

<CBR1000RR SP>
CBRシリーズのフラッグシップモデルである「CBR1000RR」のエンジンにさらなる改良を加えるとともに、オーリンズ(Öhlins)社製サスペンションとブレンボ(Brembo)社製フロントブレーキキャリパーを装備し、サーキットなどでのパフォーマンスを向上させたSPエディションを投入します。

<CBR300R>
CBRシリーズのエントリーモデルとして好評の「CBR250R」の排気量を拡大し、出力を向上させるとともに、CBR1000RRをイメージしたデュアルヘッドライトを備えた新デザインを採用しました。

<NC750S、NC750X、Integra>
好評の2気筒700ccシリーズのエンジンをスケールアップして、出力を向上させるとともに燃費性能も改善しました。

<その他>
「VFR800F」には新しい外観とABSを装備し、アドベンチャーツアラーのフラッグシップモデルである「Crosstourer」には新たに3ステージセレクタブル・トルクコントロールシステムを装備して、V型4気筒ラインアップを強化します。

なお、ミラノショーで初公開した上記の車両は、CBR300Rを除き、第43回東京モーターショーへの出展を予定しています。



br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。