ホンダドリームCB72 スーパースポーツ

20130531.jpg

ホンダの青山本社 ウエルカムプラザ2Fに飾られていた
ホンダドリームCB72 スーパースポーツです。
この車両は1966年モデル、エンジンは空冷4ストSOHC2直列2気筒バルブ247cc。

ワークス直系の市販レーサーCR71のポテンシャルを受け継いだスポーツモデルで
専用設計のバックボーンタイプのフレームをはじめ、
当時の最高技術を惜しげもなく投入しました。
と、案内板に書いてありました。



ネットで調べてみると、
「トップで70km/h以下では走れません」
という過激なキャッチコピーで売り出されたとか。

性格の異なる2種類のエンジンが搭載されていたそうで、
タイプ1が180度クランク、タイプ2は360度クランクとのこと。
えーと、これは・・・

20130532.jpg

不等間隔爆発の180度クランクですね。

20130533.jpg

さらにプレスルームに入っていくと、ストリーム(1981年)を発見!
フロントホイールと駆動するリアホイールとの連結部に
「ナイトハルト機構」っていう
フロント部分はバンクするけど、 後ろのエンジンユニットはそのまま水平となる機構を
採用したことで、コーナリングでフロントボディが左右自在にスイング。
まえに紹介したロードフォックスの最初のモデルなんですね〜。
めずらしい〜。



br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。