KTM E-SPEED 東京モーターサイクルショーで初披露

20130322.jpg

本日からスタートした第40回東京モーターサイクルショー。
KTMは午前中のプレスカンファレンスで、
電動スクーター『E-SPEED』を世界初公開しました。

都市近郊向けの電動バイクで、
ベルトドライブを通じてリアホイールを駆動。
保安部品も備え、量産を意識した商品とのこと。

20130324.jpg

プレスリリースにはこう書いてあります。

“E-SPEED”は、全く無公害であることはもちろん、
KTMらしさに溢れた独創的な個性と、最先端の技術を駆使して作り上げられており、
かつライディングの楽しみにあふれる、スクーターの未来を語るモデルです。
2010年に発表された“Freeride-E”(フリーライド-E)もまた、
排気ガスによる環境汚染が全くなく、
またほぼ無音に近いほどに静音なモーターサイクルですが、
今回発表となる“E-SPEED”は、
スポーツモーターサイクルの製造・開発に集中してきたKTMならではの
ライディングプレジャーを発揮し、
フリーライド-Eと同様のバッテリーおよび
パワートレインを搭載したゼロ・エミッションコンセプトで、
都市近郊地域でのニーズに応えられるような概念を提案したものです。

とのこと。



br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。