80年代、空冷エンジンで頑張ったカワサキAR50

WEBblogH2409021.jpg

80年代、カワサキのゼロハンロードスポーツ AR50。
ヤマハRZ50やホンダMBX50、スズキRG50ガンマらライバル勢が水冷エンジンであるのに対し、
カワサキだけが空冷エンジンで対抗。

低中速トルクが太く、ストップ&ゴーを繰り返す街中でも乗りやすく十分に速かった。
高回転の伸びも胸のすく気持ちよさがありました。


WEBblogH2409027.jpg

初期型のAR50は1981年に登場。
写真は83年のAR50 IIで、それまでのZ400FX風のダックテールカウルと三角形状のサイドカバーを見直し、
当時カワサキが一貫して採用したGPZ-F風の
サイドカバーからテールカウルまで一体化した流れるようなデザインを採用。


WEBblogH2409025.jpg

タイヤサイズは前後2.50-18で、堂々としたフルサイズボディを形成。
不等ピッチ多孔ディスクローターはステンレス製の182mm径で、
オールメタルパッドを組み合わせた油圧式シングルディスクブレーキ。
細身の5本スポークが軽快感を演出する。

WEBblogH2409022.jpg

セミダブルクレードルフレームに搭載されるパワーユニットは
39×41.6mmのボア・ストロークを持つピストンリードバルブ2ストロークエンジン。

初期型はリッターあたり147PSにも達する
コンパクトかつレスポンスに優れた強靱な心臓部であったが、
83年に自主規制によりパワーダウンすると、84年にはスピードリミッターを搭載。

WEBblogH2409023.jpg

左にスピード、右にタコメーターを配置した2連メーター。

WEBblogH2409024.jpg

スリムながら9.6Lの容量を持つ燃料タンク。
タンク前端部のカバーはオイルの注入口。

WEBblogH2409026.jpg

いまみると細いなー、スイングアーム。

WEBblogH2409028.jpg

正面から見てもスリム。
スリムっていうか、ガリガリだな・・・。


↓WEBオートバイ CRF250Lの1週間インプレッション スタートしました
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 1日目

↓Virgin Harley.comのコラム更新しました
第25回 110周年モデルやブレイクアウトなど人気機種は早い者勝ち!!








br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。