2013KXやCRFに採用されるKYB PSF



2013モデルのKX450F、そして2013CRF450Rに新採用されたエアサスペンション、
PSF(ニューマチック・スプリング・フォーク)。

ついに金属のメインスプリングがなくなったわけで、そりゃ軽いし、
バネレートの変更も必要なく、調整はエア圧を変えるだけでOK。
まったくもってスゴイわけです。



2013モデルの各社モトクロッサーにヤマハWR450Fの試乗など
6/24売りのダートクールに乞うご期待!



br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はまやさんへ

同感です。
バスやトラックはエアサスを使っているみたいですが、
空気漏れはつきもので、定期的な点検と修理が必要だと聞きました。
バスはお客さんが乗り降りするときに、エアサスの空気を抜いて車高を下げたりできるらしいのですが、バイクも瞬時に車高が下げられたら面白いですね。
信号待ちで足を着く瞬間に車高が下がったりして・・・。(笑)
まぁ、そんな瞬時にはムリなんでしょうね。

東京オートサロンでは、iphoneでエアサスを制御する車両も展示されたとか。
モトクロッサーも将来的にはスマホでサスセッティングできたりするんでしょうか。。。
KYBで聞いてみたいです。

気になります

突然書き込みますが、もし自分が手にしたことを想定して私が気になるのは、空気という温度によって体積が変わるものを使う点と、構造を理解できていないこともあり単純に使っていてシールみたいなものから抜けないんだろうか?ということ。頻繁にメンテナンスできない末端ユーザーとして耐久性も気になります。ものすごく良くても耐久性とメンテナンス性が悪かったら私にはちょっと……。そこんところ偉い人に聞いてみたいです。

irikingさん

NC700シリーズの試乗会があり、そこにホンダの開発陣がいらっしゃったので聞いてみましたが、エアを全部抜いたら車高が下がるとのこと。トランポにも載せやすいとおっしゃってました。スゴイですよね~。

No title

エア抜いたら縮むんですよね。きっと。
背の低いトランポの人には朗報と思います。

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。