サンディエゴHARLEY-DAVIDSONで働くサムライ尾川俊介さん

aokitakao_201110085.jpg

SAN DIEGO HARLEY-DAVIDSONで働くサムライ尾川俊介さん、33歳。
所有バイクは2006FXDB(1550cc,high flow,D&D fat cat)

Q.29歳で渡米、その目標は?

「目標ですか、一言で言うのは難しいですし、目標と言えるか分りませんが、
僕の場合は、アメリカでお金を稼いで生活することがまず第一だったので、
アメリカと日本を比べた場合自分に合っているのはどちらのスタイルかな? と。

メカニックとして働くならアメリカの方がストレスなく出来そうだというのが、
渡米前の29歳時点のボクの見解だったわけです。

まあそれから4年弱が経ち、良いこと悪いことを含めいろいろと経験を積ませてもらった結果、
ボク自身の考え方や感じ方も当然変化してきてはいますが、
アメリカで生活したいという考え方は基本的には変っていないですね」


aokitakao_201110086.jpg

「ただ、お金を稼ぐことに関しては、4年弱経った今はメカニックでなくても良いかなと、
マネージメントにも興味があるので、
この先、これまでの経験を生かし独立起業の可能性もあると思っていますし、
アメリカのハーレーディーラーの経営の杜撰さを間近で観ているので、
ビジネスと考えた場合、詳しくは言えませんが、自分だったら、こうやって、
もっと利益を出せるんじゃないかとか、よく考えたりします」

「幸いなことにボクは日本のハーレーディーラーとの比較もできます。
だから、現場で見たり考えたことを元に、
今までにないマネージメント方式で起業してみるなんていうのも面白いかもしれませんね」


aokitakao_201110088.jpg

Q.アメリカのディーラーで働くやりがいは?

「そうですね、頑張って働いた分が給与に反映される点は、
仕事をやる上でのモチベーションにはなりますね。

分業制が確立されているので、雑用的な仕事が無いのも
修理に集中できるという意味でよいと思います。

あとは、8時間でスパッと仕事止めて帰宅できることかな、
午後6時過ぎ、お店には誰も残っていませんよ、本当に。

ボクはサーフィンが大好きなんですが、夏場は5時半にはタイムカード押して、
サンセットの8時近くまで海にいたりします。

あとは夜、地元の大学でクラスを取ったりすることも可能ですよね。
とにかく、余暇を自分の趣味や将来の自己投資のために使えるというのは、
アメリカのディーラーで働く魅力のひとつですね」


aokitakao_201110087.jpg

最後に1枚、写真を撮らせてもらった。
SAN DIEGO HARLEY-DAVIDSONのクルーと。


■2011年10月
明日からウエストコースト

なんか飛行機が最新式らしい

ロングビーチをハーレーで南下!

さぁ、メキシコに入国です!

ルート66、そしてサンタモニカへ

ロスまで無事に帰ってきました。楽しいショートトリップでした。

初日に泊まったホテルの話と線路の話

グレンヘレンの近くを通りました!

BARTELS'で働く星野さんご夫妻

サンディエゴHARLEY-DAVIDSONで働くサムライ尾川俊介さん

カリフォルニアのBMW乗り

VIRGINHARLEY.COMのコラム



■2010年2月→デイトナバイクウィーク行ってきます!



br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。