大日影トンネル、深沢河川隧道、深沢トンネルなど

RIMG0101.jpg

山梨県甲州市にあります大日影トンネルです。
レンガ積みで造られた大日影トンネルは1903年(明治36年)に開通し、
ブドウやワインの輸送力アップに大きく貢献。
1997年にその役目を終えたのち、2007年に遊歩道として新たにスタート。
9:00~16:00、無料で通行できますが、
片道30分かかるので通り抜ける場合は時間に余裕をもって見学しましょう。

RIMG0107.jpg

壁や天井には蒸気機関車時代の煤が付着しており、
耳を澄ませばいにしえの汽笛が聞こえてきそうです。


20110829aokitakao.jpg

大日影トンネルへの入口から下に見えるのは深沢川の河川隧道です。
中央本線の建設に伴ってつくられまして、大日影トンネルと同じ英国式のレンガ積み、
材質が用いられております。


20110829aokitakao02.jpg

大日影トンネルに続く旧深沢トンネルは、
夏でも気温14℃というトンネル内の条件を利用し、
ワインの貯蔵庫として活躍中。
一般の希望者から預かったワインを有料で保管しています。


20110829aokitakao03.jpg


トンネルワインカーヴ入口管理棟で申し出ると内部が見学でき、
担当の職員による説明を受けることも可能です。
トンネル内は年間温度6~14度、湿度45~65%とワインの熟成には最適な温度とのこと。
昔はココを中央線が走っていたんですね~。



EF6420110829aokitakao04.jpg

大日影トンネルの勝沼ぶどう郷駅側入口には、国鉄EF64形電気機関車(東芝製)が静態保存されています。



20110829aokitakao05.jpg

中央本線の新旧トンネルが3つ並んでいます。
左の2つのトンネルが現役、イチバン右が明治時代に開通し、廃トンネルになった旧大日影トンネル。
あぁ、ステキやん・・・。


■過去のトンネルネタ

土砂崩れから20年。安曇野市にあります「猿なぎ洞門」の跡です。

田浦駅-長浦港、旧海軍引込線跡

フランス積みレンガの猿島旧日本軍要塞跡

鯛めしを食らって明治の旧隧道へ

バイクで走った旧長野原線跡

南伊豆への入口


br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。