発売前のスズキ電動バイク「e-Let’s」に乗ってきました!

suzukiELETSaokitakao001.jpg

バイクの日の週末8月20日(土)/21日(日)に、浜松市と中部二輪車協会の共催のもと
ホンダ、ヤマハ、スズキらの協力によって「第9回バイクのふるさと浜松2011」が開催されました。

そこで見たのはモトクロスレディースだけでなく、
「電動バイクの試乗会」に登場した市販前の電動スクーター、スズキ「e-Let’s」。

Let’s4バスケットをベースに開発。
小型・軽量な車体に回生充電が可能な高性能インホイールモーターと
リチウムイオンバッテリー、充電器システムをシート下に搭載し、
ガソリンエンジン搭載車と同等の車両重量としております。

suzukiELETSaokitakao002.jpg

スズキは昨年秋より、独自に行う公道走行調査に加え、
静岡県浜松市が中心となり地域の産学官で構成された
「はままつ次世代環境車社会実験協議会」の走行実証実験にe-Let'sで参加。

今後の販売予定や時期・価格等について担当者に伺ってみたが、
現段階では未定とのこと。
デビューが待ち遠しいところです。


suzukiELETSaokitakao003.jpg

インホイールモーターを搭載し、電動スクーターならではの滑らかな加速に加え、
低騒音・低振動、排出ガスゼロの高い環境性能を実現。
約4時間の満充電で約30kmの走行が可能です。


suzukiELETSaokitakao004.jpg

シート下のスペースには、充電所要時間約4時間のリチウムイオンバッテリーと、
100V電源対応の充電器システムをならべて搭載。
ガソリンエンジン搭載車と同等の車両重量としております。


suzukiELETSaokitakao008.jpg

suzukiELETSaokitakao007.jpg

市販済みのホンダ「EV-neo」やヤマハ「EC-03」に加え、
Let’s4バスケットをベースに開発したスズキ「e-Let’s」も登場!
ついに3メーカーの電動バイクが揃い、試乗会が開催されたのでした!

来ていた人の反応は、「ふーん、電動バイクか、乗ってみるかな」って程度で
ボクほど興奮しておりませんでしたが、
これって本邦初ですし、e-Let’sはプレス向け試乗会とかやってないので
結構なレア体験だったんですよ。

もちろんボクも乗ってきました。
車体は見たとおり、3メーカーの中ではイチバンしっかりしてるし、
力強さも申し分なかったです。

今度は公道を走ってみたい!


■e-Let's
全長×全幅×全高 1,665mm×600mm×983mm
車両重量 74kg(バッテリー装着時)
乗車定員 1人
モーター 交流同期電動機
定格出力 0.6kW未満
航続距離 30km(30km/h定地走行時)
充電所要時間 約4時間/100V
バッテリー種類 リチウムイオン電池






br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。