2012YZ450F/250F、2012CRF450R/250R乗りました~!

2012YZCRFmxer001.jpg

2012モデルのYZ450F/YZ250F、CRF450R/CRF250R/150R を
一気乗りさせていただく機会がありました。
ありがたや、ありがたや。

やっぱり同時に乗り比べられると、その差が歴然でして、楽しい試乗機会でした。
モトクロスヴィレッジで走ったんですが、
走りのアドバイスももらっちゃったりして、この日はじつに有意義な1日でした。
翌日、身体が痛かったのは日頃の不摂生のおかげです。


2012YZ450faokitakao001.jpg

コースがぬかるんでいる状態で最初に乗ったのがYZ450Fでした。
おっかなビックリな感じで、ゼンゼン乗れませんでした。

昨年、2011モデルをオフビレやしどきで乗ったときは、
「450なのに乗りやすい!」
と思ったわけですが、
タイトコーナーが多いテクニカルコースなモトビレで、しかもウェットだと、
ボクの技量ではまるでお手上げです。

2011ヤマハYZ450F、乗りやすいっ!

↑上は2011モデルを今回乗ったモトビレよりも広いオフビレで乗ったときの話し。
今回はウェットで荒れているときにしか乗っておらず、
コースが乾いてからもう一度乗ったら、また印象が違っていたのかも。


2012YZ450faokitakao002.jpg

今回、モトビレで2012モデルに乗ってみると
やっぱり上級者向きだなぁって感じた2012YZ450F。

YZ450F 2012モデルの主な変更点
1)F.I.セッティング変更
2)サスペンション仕様変更などを施し乗車感を向上。


2012YZ250faokitakao001.jpg

その一方、2012 YZ250Fはサイコーでした。
低回転からパワーがあるし、フープスをムチャなリズムで突っ込んでも
サスペンションが踏ん張ってなんとかしてくれる感じ。

新フレームの剛性アップはサンデーライダーにもプラス。
ジャンプの着地もしなやかに収まってくれる。

最近、モトビレを全力で5周するとか、
自分の中ではイメージさえまったくできないほど
技術的にも体力的にも落ち込んでる自分がおりまして、
最初に450Fに乗ったときは、まさに

「ボクはもうモトクロスで楽しく走ることできないんだな・・・」

と、かなりヘコんだわけですが、
コースが乾いてから250Fに乗ると、楽しいのなんの。


2012YZ250faokitakao002.jpg

250F、オレでも楽しく乗れるぞ!
って自分なりのペースで調子良く走っていると、そこに
ウエストポイントの義久さんやモトクロスレースを撮り続けている●●●カメラマンに

「アオチくん、コーナーでアクセル開けるの早過ぎるよ。
ちゃんとバイクの向きが変わってから開けなさい。
コーナーの途中でアクセルを開けたり閉めたりしてるから、
結果的に遅いし、すぐ疲れてレースの途中でタレるんだよ」

などなどアレコレと、ありがたいアドバイスを受ける。
「あぁ、そうか」
と言うとおりに走ってみると

「なるほどっ、こういう感じか!」

と、バンクのあるコーナーがとてもイイ感じ。

いままでは「早く立ち上がりたい」っていう焦りから
バイクの向きがまだ変わってないのに、アクセルを開けちゃう。
コーナーの途中でアクセルを開けるとバイクが起き上がろうとするから、旋回しないんですね。

そこを我慢して、極端な話しワンテンポ遅れるぐらいの気持ちで
バイクがちゃんとコーナーの出口に向いてから、アクセルを開けると
ちゃんと加速できるし、コンパクトに回れる。

おおっ、おおっ!
ぜんぜんアウトに膨らまないし、走っていても疲れない。
ぎょえー! モトクロス、やっぱり楽しいなぁー!!

と、久々に“乗れてる感”(←自分レベルでの話し、客観的に見るとじつに遅いはず)を
味わえたのでした。




2012YZ250faokitakao003.jpg

2012YZ250F 主な変更点
1)ピストンまわりの軽量化、吸排気系仕様変更

2)新設計フレーム採用
タンクレールを2ボックス断面型から3ボックス断面型に変更。

3)サスペンション仕様変更など大幅な変更を行い、エンジンの中高速域と旋回性能を向上
フロントフォークはYZ450Fと同等のパーツを使用し、ねじれ剛性アップ。

そして、キャブレター口径が変わりまして、φ37→φ39mmに。
キャブモデルって、4スト250/450ではYZ250Fが唯一ですね。


FIの2012CRF250Rと乗り比べると、
吹け上がりのスムーズさやレスポンスの良さで、
FIがゼッタイに勝ると思っていましたが、
今回、250Fに乗って長所も改めて気づきました。

キャブのYZ250Fですと、コーナリング中とかにアクセル全閉でも
パーシャルほどではないけど、
エンジンの粘りみたいのを若干ですが感じまして、
これは完全に燃料がカットされるFIの全閉では感じないものでして
トラクションの良さに繋がったりするのかも。

FIだとON/OFF感がハッキリしてて、それがイイって思っていたんですが、
超低回転がキャブの250Fよかったです。


2012YZCRFmxer002.jpg


うーん、コーナリングの感触が超久々によかったし、
2012YZ250FでHERO'Sとか出たら、けっこうイイかも!
と調子に乗る次第。

欲しい・・・
だれか買って、それを安く売ってくれ。。。

長くなったのでCRF3台の話しはまた今度に。






br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。