バイクのふるさと浜松2011にて、モトクロスレディースたち

20110821hamamatsuLMX001.jpg

8/21 バイクのふるさと浜松2011で行われたトークショー「バイクフォーラム」でのフォトセッション。
日本二輪車協会親善大使の平 忠彦氏と2010年全日本モトクロス選手権レディース上位3選手。
左からランキング2位安原さや選手、チャンピオン益春菜選手、同3位の洋子選手。

会場には、レディースモトクロス選手を初めて目の当たりにする人も多かったようで
「おっ、カワイイぞ!」
ってヒソヒソ声も聞こえました。
ぜひ、全日本モトクロスの会場に足を運んで欲しいものです。

20110821hamamatsuLMX002.jpg

モトクロスレースの会場ではなかなか見ることのできない和やかなムードのなか、
レースについての話題になると、現在怪我でレースを欠場中の益選手と安原選手は
「一刻も早くレースに復帰したい」と真剣な表情へと一変。
益選手は9月11日決勝の次戦・名阪スポーツランドでの復帰に向け準備中で、
今年もチャンピオンを狙う意気込みです。


20110821hamamatsuLMX003.jpg

10代ラストイヤーとなる安原さや選手は怪我でレースを欠場中。復帰はまだ先とのこと。
平忠彦さんの「モトクロスレースを続けていける秘訣は?」の質問に対しては、
「家族4人でレースを転戦でき、楽しい」と笑顔でコメントしておりました。


20110821hamamatsuLMX004.jpg

高校2年生でトークショー初体験の 洋子選手は
「緊張しちゃってタイヘンです」と照れながらも、
平氏の「これまで大きな怪我はしなかった?」の問いかけに対し、
「転んでもコロコロ転がってセーフ!」
と天然全開のコメントで対応。

「一緒にツーリングに行くなら、どこがいいかな?」
の誘いには
「アメリカ! ついでに向こうでレースに出てみたい」
とニコヤカに話しておりました。

あどけない素顔を見せた選手は、
レースになればビッグジャンプをキメる豪快なライダー。
「ひねってジャンプしてたら、真っ直ぐ飛ぶほうが危なくなっちゃった」
というコメントには、カメラを持っている手が震えてしまいました。


20110821hamamatsuLMX005.jpg

平 忠彦さんは、まるでお父さんのようでした。







br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。