土砂崩れから20年。安曇野市にあります「猿なぎ洞門」の跡です。

R158DOUNAGIaokitakao03.jpg

信州・松本から安房トンネルを経て、平湯温泉そして飛騨高山へ抜けていく国道158号線。
松本から上高地へ向かう途中、安曇野市にあります猿なぎ洞門の跡です。
ごらんの通り、土砂崩れによって現在は廃道になっております。
下は断崖絶壁で梓川が流れており、この写真は梓川の対岸から撮りました。

土砂崩れが起きたのは平成3年10月のことだったとか。
以来20年が経っても、その姿のままになっております。
現在の国道158号線は廃道に沿うかたちで三本松トンネルが通っていて、
国道を走っていると、トンネルの外側がこんなふうになっているとは
まず気づかないでしょう。

R158DOUNAGIaokitakao01.jpg

松本から国道158号線を上高地方面へ走っていると、途中にあります三本松トンネル。
左手の下の方には梓川が流れており、旧ルートはその断崖絶壁に沿うように通っていたとのことです。


R158DOUNAGIaokitakao02.jpg

トンネル入口の横を見ると、その形跡があります。
ココを進んでいくと、かつての洞門に辿り着くはずです。


R158DOUNAGIaokitakao05.jpg

洞門の上には地滑りで発生した大きな岩がゴロゴロ。

R158DOUNAGIaokitakao04.jpg

その先は完全に土砂で埋まっていて、手つかずの状態。
眼下には梓川が流れています。


詳しくは下記サイトにあり、ボクもこのサイトで情報を得ました。
廃道めぐりをする面白いサイトです。

国道158号旧道 猿なぎ洞門 前編
国道158号旧道 猿なぎ洞門 後編
ニコニコ動画

社団法人斜面防災対策技術協会 富山県支部のサイトに動画ありまして、
その最後に土砂崩れの瞬間の映像があります。
DVD「大地が動く」


MOTOツーリングVol.4 2011夏号で記事になっておりますので興味のある人はぜひ。




br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。