2012 YZ250Fでたっ! ヤマハが2012YZシリーズを発表

2012YZ250aokitakao01.jpg

2012YZシリーズが発表にありましたでやんす! → メーカーリリース

YZ250F
1)ピストンまわりの軽量化、吸排気系仕様変更
2)新設計フレーム採用
3)サスペンション仕様変更など大幅な変更を行い、エンジンの中高速域と旋回性能を向上

キャブレター口径が変わったようでして、φ37→φ39mmに。
タンクレールを2ボックス断面型から3ボックス断面型に変更。
フロントフォークはYZ450Fと同等のパーツを使用し、ねじれ剛性アップ。

2012YZ250aokitakao02.jpg

ボディカラーはブルーのほか、ホワイトも用意される!
価格はブルーが67万7250円、ホワイトが68万7750円。


2012YZ450aokitakao01.jpg

YZ450Fにもホワイトが登場!
1)F.I.セッティング変更
2)サスペンション仕様変更などを施し乗車感を向上。

両モデルとも2色の設定で「パープリッシュホワイトソリッド1」
(ホワイト:ゴールドチェーン標準装備)は受注期間限定での発売。

燃料噴射量と点火時期をコントロールするマップを変更。
フロントフォークは内部パーツの樹脂化などで軽量化。
価格はブルーが87万1500 円、ホワイトが88万2000円。

7月29日より順次発売。


2012YZ125aokitakao01.jpg

YZ125いいよねー、また2ストもありだよねー、2ストで回さないで乗るってどうかなー」
って先日、ダートスポーツの元編集長ジャンキーとビール飲みながら話したんだけど
さすがはヤマハ、2012モデルとして2ストモデルもまだまだ健在です。
(グラフィック変更だけで何も変わってませんけど。上の写真はYZ125)

YZ250 66万1500円
YZ125 56万7000円
YZ85LW 34万6500円
YZ85 33万6000円
PW80 16万9050円

どーよ。
欲しいでしょ新車・・・



br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。