やんちゃなバイクでしたスズキGSR750(ナナハンっていうのがシブイ)

20110525GSR750aokitakao001.jpg

スズキのニュースポーツネイキッドGSR750
去年のインターモトで登場し、ついに日本上陸です。

GSX-R750のエンジンをベースに、最高出力を150ps→106psに変更。
スタイリングを見てわかるとおり、過激な奴であることは間違いありません。

少なからずビビりつつ乗ったんですが、まぁ低中回転域だとフツーに走れます。
ただし高回転域、最高出力を発生する10,000rpmの手前あたりを試してみますと
強烈なパワーの伸びがありまして、くぅー! やっぱり過激だわぁーって感じです。
こういうのでガンガン攻めまくる、カッコイイかもしれません。


20110525GSR750aokitakao007.jpg

カワサキだとZ1000、ヤマハならFZ1、ホンダにはCB1000F、
ライバルはリッタークラスですが、スズキはあえて750で勝負なんですね。
つくろうと思えば、GSX-R1000がありますもんね。


20110525GSR750aokitakao006.jpg

異形ヘッドライトのフロントマスクがヤンチャな感じです。
ヘッドライト両サイドには、ブルーのポジションランプを装備しています。


20110525GSR750aokitakao003.jpg

左側にタコメーター、右側にスピードをデジタル表示する液晶モニター。
ギアポジションや燃料計もついてます。


20110525GSR750aokitakao008.jpg

シートはこんな感じ。
絞り込んであって、足つき性は悪くなかったっす。
シート高は815mm。

20110525GSR750aokitakao004.jpg

倒立フォークは41mm径、ブレーキローターは310mm径、キャリパーはトキコ製2ピストン、
タイヤサイズはフロント120/70ZR17、リア190/55ZR17。

20110525GSR750aokitakao002.jpg

ベースはR750の2005年型とのこと。
ネイキッドに搭載するにはシリンダーの傾斜角だったり、
マウントの関係で都合がよいのでしょうかね。
カムや吸排気系を変更して低中速寄りになっているようです。


20110525GSR750aokitakao005.jpg

燃料タンクは17.5リットルの容量。
イグニッションは見えますか、そこにあります。


20110525GSR750aokitakao010.jpg

異形断面マフラーもスポーティです。

20110525GSR750aokitakao009.jpg

リアショックはKYB製で、なんかタラタラ走ってるぶんにはあんまり動かない感じでした。
それから、テールライトはLEDでした。
お値段は103万9500円。
詳しくはオータさんのインプレが月刊オートバイ6/1売りで読めるはずです。





br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。