セル付きモトクロッサーKTM350SX-F、乗っちゃいました!

ktm350sfx01.jpg

モトクロッサーにバッテリーを搭載し、セルスターターを装備したKTM350SX-F

「さんびゃくごじゅうって、どんなん?」

「バッテリー搭載のモトクロッサーって、どうなん?」

発売以来これまで気になることだらけでしたが、
オフロードヴィレッジで初試乗してきました。

車両価格は90万3000円と、国産車と比べるとやっぱり高め。
でもカッコイイ。

ktm350sfx04.jpg

始動はセル一発。(ハンドル右の赤いボタン)
チョークレバーみたいなスターターレバーがインジェクションに備わっていて
始動時は引いておくことをKTMジャパンの人に勧められました。
その通り、レバーを引いてスターターボタンを押すと一発で始動。
キックしなくていいのは、ヒジョーにありがたい。

撮影中、コースサイドで何度もエンジン停止・始動を繰り返しましたが
元気にすぐエンジンかかりましたよ。
このセルは実戦で使えますね。


ktm350sfx05.jpg

シート高はさすがにヨーロッパ製。
公表値、無加重時992mmで、足の短いボクには足つき性がよくなかった。

だからコースで転倒したりすると、キックで再始動するのはかなりタイヘンなはず。
セルスターター、あると必需品にして欲しいとさえ感じます。


ktm350sfx02.jpg

バッテリー積んでて重たくないのか?
それが気になっていましたが、ぜんぜん軽い。

250の車体にパワーがもっとあるって感じ。
決して、450の車体でパワーが足りないってわけじゃない。

スペック上では半乾燥重量約103.9kg(燃料含まず)。
CRF450Rの車両重量が108.6kg、250Rが103.7kgだから、まぁ同等レベルでしょう。
何度もいいますが、250乗ってる感じでしたよ。


ktm350sfx03.jpg

イチバンよかったのはWPの前後サスペンション。
モトクロッサーにしてはソフトによく動いて、ボクみたいなビギナーには扱いやすい。
オフロードヴィレッジはカラカラのドライでハードパック。

モトクロッサー特有のカッチリしたサスだと
たとえばタイトコーナーでフロントブレーキをぎゅーっとハードに握り過ぎたりすると、
そのうちステンって転びそうな気がするけど、350SX-Fならダイジョーブ。

立ち上がりで開けていくときもリアサスがジワーッと沈んでいって、
トラクションがグイグイかかってる感じ。
ソフトスプリングが入ってるボクのCRF250Rに近い感じがしました。

リズムセクションとかギャップでは、ズボって入り過ぎちゃう感じがありましたけど
そのへんはセッティング次第なんでしょうね。
パワーフィールも唐突じゃないし、扱いきれるのがいい。

タイヤサイズはフロント 80/100×21、リア 110/90×19、リムはエキセル製。
ウェーブディスクとか、カッコイイし。

でも、レースとかに使うならパーツの供給や価格が気になる。
バイク自体はサイコーに良いんだけど、レバーとかすぐに手に入らなかったり、
高かったりしたらイヤだろうなぁー。
そのへんは実際にどうなんだろう。
うず潮レーシングとかベースキャンプが体制を整えているから問題ないのかも。


セル始動一発で扱いやすい、これってサイコーですやんっ!





br_decobanner_20101102152703.gif



図解入門 よくわかる最新バイクの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 85286
おすすめ度の平均: 5.0
5 バイクに関心がある人なら手元に置いておいて損はない一冊だと思います



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。