八高線とKLX125

KAWASAKIKLX12503MOR0575.jpg

KLX125の3日目、八高線のことばっかり書こうと思いましたが、
鉄分が多すぎては気持ち悪いので、それはこちらで。

八高線は首都圏にありながら「地方交通線」扱いで、まぁノンビリしたシブイ路線です。
東京の人が近場でローカル線を味わうには手頃です。

ただし車両はロングシートの電車ですから
決して駅弁を食べてビールを飲もうなんて考えてはダメですよ。
(別にダメじゃないけど)

最近まで非電化だった印象が強いですけど、調べてみると電化されたのは1996年のこと。
ちょっと前までは、キハ(気動車)が見れたり、
その後は山手線や中央線から流れてきた懐かしい車両が走っていました。
線路は単線です。

ステンレスカーは風情がありませんので、
目をつぶってお茶畑を走る茶色いキハを想像してみましょう。
(あんまり妄想してると、通報されますので気をつけましょうね)

首都圏でローカル線ムードが味わえるのは、あとは久留里線だな・・・。


<1週間インプレッション>KAWASAKI KLX125 青木タカオ 3日目


br_decobanner_20101102152703.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。