CB1100で浦賀の渡しと三浦まぐろラーメン

RIMG0023.jpg

ポンポン船の愛称で親しまれている浦賀の渡船。
ちなみに浦賀は、ペリーが来航したあの浦賀です

浦賀港は湾が1.5kmも入り組んでいるので、
両岸の往来は渡船を利用するのが便利で
昔から地元の方々に利用されています。

浦賀に奉行所が置かれてまもない享保10年(1725年)ごろからあったそうで
ずいぶん歴史がありますよね。

RIMG0005.jpg

時刻表なんてありません。
渡船が対岸にいるときは、呼び出しボタンを押すと、すぐに来てくれます。

約3分ほどの船旅が味わえ、
1897年(明治30年)に日本で最初のドライドックとして誕生した浦賀ドッグや
浦賀造船所跡地に建つクレーンを海から眺めることができます。


RIMG0003.jpg

大正6年(1917年)の頃が渡船の最盛期で、1日の平均乗船客が1000人にも達していて、
現在の場所から300mほど港の内で、もう1ルートの営業が行われていたそうです。


RIMG0008.jpg

現在の船は「愛宕丸」で、平成10年8月9日に就航。
それまでの木造船から大型化し、江戸時代の「御座船」をイメージした
強化プラスチック製の船になっています。

ちなみに、渡船の航路は「浦賀海道」と名付けられ
全国でも珍しい水上の市道(2073号線)です。


RIMG0099.jpg

で、こちらは三崎港の港楽亭。

RIMG0149.jpg

三崎まぐろラーメン、ウマイです。

RIMG0011.jpg

CB1100で行ってきました~
高速道路と一般道を両方走って燃費は18km/Lくらいでした。
エンジン、マイルドな味付けって現代のスポーツバイクと比較するとそう言われますけど、
もう十分にパワフルですよ。


br_decobanner_20101102152703.gif


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。