エンブレムがいいぞ。KAWASAKI 2011 W800



欧米でのカワサキ車の人気は、なんたってZ(ゼット)、せいぜいマッハシリーズと決まってまして
我がバーチカルツインW1シリーズは、当時の北米市場で「BSAのコピー」なんて言われて
ぜんぜん売れなかったそうですが、
今回発表された2011W800が、ヨーロッパで人気になったら、
もしやKAWASAKI W1シリーズがマニアの間で改めてクローズアップされて
シフトが逆チェンジの逆チェンジ(←つまり現代の左チェンジ)の日本国内仕様W1SAなんて
超レアちゅーことでプレミアムな存在になったりしないんでしょうか。

そうなったら我が輩の1971W1SA
欧州のバイヤーが「3万ユーロで売ってくれ」って買い付けに来たりして・・・。
絶対にないな。



入ってきたら日本でも売れそうだけど、
向こうでもがんばれー、カワサキW!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

南小岩横丁

リターンライダー、素晴らしいね

レトロ

完全にレトロクラシックと言い切るところがいいですね。
売れそうだ。
デジカメもその方向のものが来てます。
中身は新しいみたいな。

先日、知り合った方の父上は、最近またバイクに乗り出したという。実家を離れた彼のもと、突然メールが来たらしい。50代半ばという父。そのバイクはW650だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。