電動バイクってどーよ

IMGecobike0868.jpg

むかしむかし、ある日、
イジメッ子たちに囲まれて、泣いている哀れなバイクがいたので
浦島アオチ太郎は助けてあげました。

アオチ太郎くん、ありがとう。
お礼にナイスなところに連れて行ってあげましょう!

さぁ、竜宮城かな !?


IMG0771.jpg

わぁー、ココは土ばっかりのモトクロス場じゃないか。
ありがとう、サイコーだよ!


katsudon0772.jpg

さぁ、ご馳走も召し上がれ。
アオチ太郎はモトクロス場で、カツ丼大盛りの出前をとって大満足です。

モトクロスはハードなスポーツですが、
こんなもん食べていいんでしょうか。

IMGningyoyaki0793.jpg

お土産に重盛の人形焼きはどうだい?
早いうちに食べないと固くなっちゃうからね~


カツ丼でお腹いっぱいになったアオチはそれを守らず
人形焼きを固くさせてしまうと、
少しだけ歳をとってしまいました。



aochinanokaina.jpeg

「外れるのはカズ、三浦カズ・・・」

ガーン



IMGmotaponko0873.gif

出演:電ちゃり もたぽんこ
(アパックスパワー)

決していじめられっ子のカメでもウリ坊でもありません。
原付一種登録の電動バイクなんです。

全長1m弱、車重約35kgの車体は、エレベーターやクルマに乗せるのもカンタン。
家庭用電源はもちろんシガーライター(DC12V)からの充電もでき、
出先で乗って楽しむことも想定しています。

フロントドライブ(FF)は量産車世界初で予定販売価格は10万2900円。
どうなんでしょう、電動バイクって。


IMGecobike0885.jpg

これはエコキャリー。レスクという会社が販売しています。

デリバリーBOXを装備し、配達業務に特化した原付一種の電動3輪スクーター。
アルミフレームの車体にリチウムイオンバッテリーを搭載し、
300W×2のインホイールモーターが静寂で力強い走行を実現します。


IMGecobike0886.jpg

後輪は左右独立で動き、乗り心地や運動性も追求。
今年度中に販売予定とのことです。


IMGecobike0902.jpg

これはCARGO2-OXYGEN。

前後に大容量キャリアを装備した業務用スクーター。
フロント20kg、リア70kgの積載力を持ち、最大航続距離は最長120km。
車両停止時の自動ロック機能やバックギアも備え、
スイス郵政で3年間使用された実績もある。2010年10月発売予定。



冒頭にどーでもイイはなしが付きましたが、
電動バイク、いつの間にやら原付クラスでは
かなりの数が販売されております。

お隣、中国では都市部の規制で電動バイクが急激に普及しているとのこと。
日本でも充電インフラが整って、エコ減税みたいのが導入されたりすれば
原付クラスなら普及するかも。





ヤマハはEC-03を今年の夏に販売予定です。
1994年にも電動バイクを出しましたが、そのときは普及せず。
今回はどうなるか、興味深い。




ホンダも年末にEV-neoを配達業者らにリース販売する予定。
リチウムイオンバッテリーの性能が飛躍的に向上し、
小型化、低価格化を実現してきています。

とはいえ、航続距離は1回の充電あたり50km未満。
ツーリングには行けませんが、
出先の公衆トイレで電源を拝借なんてこともあり得ますね。
(↑ダメですけどね)


じつは先日のエコカーワールド2010
4台ほど試乗させてもらったんですが、
出だしはガソリン車よりもパワフルで驚いた。

というのもモーターは回転を始めたときに一番強い力を出すからで、
市街地でストップ&ゴーを繰り返すスクーターには、
うってつけの出力特性といえる。

だけど、試乗コースは超狭かった。
登板能力や航続距離は未知。
いつか、じっくり試乗する機会があればいいなぁー。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。