KAWASAKI Z750FOUR D1 カッコイイです

IMG_9559.gif

KAWASAKI が好きな人なら、たまらないはずです Z750FOUR。
これは1977年のZ750D1、ノーマル車。

オーナーはアニキの同級生で、これを20年乗り続けている根っからのバイク好き。
よくぞ、ノーマル・ノンレストアの状態をキープしております。
素晴らしいとしか言いようがありません。

オイル交換の作業中にお邪魔しました~

IMG_9562.jpg

まずはZ750FOURについて、チョット知ったかぶり。

1973年に登場した750RS(Z2)は、1976年にZ750FOURへと進化します。
フロントブレーキがダブルディスク化され、パワーも1psだけアップ(69ps→70ps)。
鍵付きタンクキャップやハザードランプもここで装備します。
ハザードランプはたぶんオプション設定です。


1973年モデル 750RS(Z2)

1974年モデル 750RS(Z2)
「ZIIA」です。

1975年モデル 750RS(Z2)
「ZIIA後期型」です。

1976年モデル Z750FOUR
「Z750A4」です。

1977年モデル Z750FOUR
「Z750A5」です。

1978年モデル Z750FOUR
↑ これが今回の写真の「Z750D1」。
(1977年7月登場、形式はZ2→KZ750となる)


1979年1月登場のZ750D2は、Z750FX。
つまりD1は、FXへと進化していく寸前のモデルってことです。



IMG_9551.jpg

なんといってもカッコイイのは、Z1から続く4本出しマフラー。
77年から輸出仕様はZ1000へと排気量アップされ、
マフラーは2本出しになりますが、
国内ではZ750FXにモデルチェンジされるまで4本出しを継続します。
Z750D1は、4本出し最終ってことですなー。


よく見ると、リムとリアショックは社外品です。

車体全体に馴染むグレードアップはアリだと思います。
純正フルノーマルにこだわることなんて、ボクもそうですが
オーナーも興味がないんでしょうね。


そしてタイヤサイズもアップされています。

標準 3.25-19 (前)/4.00-18 (後)

ですが、この車両は 130/80-18 ダンロップK300を履いている。
(フロントはチェックしなかったので不明)

4本出しマフラーでのタイヤ交換はタイヘンらしく、
タイヤ交換工賃が余分にかかるそうです。
そういえば、Z2に乗っている人にも聞いたことがあります。

リアブレーキはD1からディスク化されています。


IMG_9564.gif

220km/h表示だったZ2の速度計は、180km/h表示にかわっています。
そしてセルスターターは、クラッチレバーを握らなければ回りません。


IMG_9568.jpg

キャスター角も立って、ホイールベースが短くなっています。


IMG_9555.jpg

んっ? なんでしょうコレ。
聞いてみたところ、光軸が動かないようにとステーで固定しているそうです。
なるほどー


IMG_9567_20100505224019.jpg

パーツの供給で困ったことはないとのこと。
オイルフィルターはベスラの社外品を使用しているそうです。


IMG_9570.gif

「今度ぜひ、W1SAと一緒に走ろうよ!」
と誘ってくれました。

ならんで走ったら、さぞかし気持ちいいでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。