仮ナンバー、初めてとった

IMG_8985.jpg

今日はウルトラの車検に行ってきました。
今回は取材続きでどうしても車検に行く時間がなく、
車検の有効期間が切れてしまい検査場まで仮ナンバーで移動するという
とてつもなく面倒なことになってしまいました。

ウルトラじゃなければハイエースに乗せて運ぶのですが、
なんせデカくて面倒です。
仮ナンバーをもらった方がラクだと判断しました。

IMG_8993.jpg

さて、仮ナンバーってどうやってとるんでしょう。
ネットで調べると、市区町村の役所でもらえることがわかりました。
「臨時運行許可制度」というのが正式名称だってこともわかりました。

申請に必要なのは

1.自賠責保険証明書
2.自動車検査証、抹消登録証明書、登録事項証明書のいずれか
3.認印
4.運転免許証
5.手数料750円

申請用紙は窓口でもらえ、内容は簡単、すぐ書けます。
そして提出したら、すぐ仮ナンバーがもらえました。

ポイントは自賠責保険に加入してから申請しに行くってこと。
車検切れてるってことは自賠責も切れてるでしょうから
バイク屋さんで事前に加入しておきます。

IMG_8984.jpg
車検場は年度末で激コミかと思いきや、そうでもなかったです。
4月1日から重量税が安くなるんだっけかな。
インターネット予約したんですが、4月に入ってからの方が混雑してました。


車検はもう手慣れたものです。
検査官、親切・丁寧で気持ちがいいです。
17年前、初めてユーザー車検を受けた時はこわかったですけどね。

費用は以下の通り。

自賠責保険25ヶ月 13,740円
検査登録代 400円
審査代 1300円
重量税 5000円
用紙代 25円
合計 20,465円

バイク用の整備記録簿を部屋中、探しても見つからなかったので新たに購入。
(たぶん、どっかから出てくるはず)
整備記録簿 310円

で、仮ナンバー代750円。

以上

IMG_8991.jpg
2年間で4回ほど車検に行きますが、
新しい車検証とシールをもらう瞬間って、なんだか気持ちいい。

IMG01003318995.jpg
その日のうちに仮ナンバーは返却しておきました。


車検とった日って、
なんかバイクやクルマの誕生日みたいでメデタイ気持ちになるのは
ボクだけでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。